うつほ日記

大阪市西区のうつぼ公園周辺の散策記録がメインです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スープカレー in 南船場

日曜日は雨の船場を散策して廻ったんですが、南船場にスープカレー専門店が2店出来ていたのが目に付きました。どちらも日曜だけどお昼営業してました。
まず、なかなかスマートな店舗デザインな 「MAMARO」
050731blg-b01.jpg

ここって数年前は「ザ・ワイルドバンブー」というアジア風なカフェが入っていた場所で、籠でカナリア飼ってたり、大判な白い蓮の絵がとっても素敵で友達とよくお茶しに行ってたんだけど、あまり長く続かなかったんですよねえ。ランチ食べに行った友達が料理はイマイチと言っていたからその辺があかんかったのか。スープカレーの「MAMARO」は繁盛するかな

お次はもっと心斎橋寄りにある 「札幌スープカリー HABANERO」
050731blg-b02.jpg

ハバネロとはちょっとベタなネーミングですね。地下好きな私としてはおもわずふらふら入ってみたくなる素朴でエスニックな感じの外観です。

速攻でトライして感想書きたいところですが、スープカレーは初めて食べた松屋のスープカレーで辛さにむせて気管にはいってゲホゲホ死にそうになったトラウマがあってちと敬遠。
スープカレー情報を検索していたら大阪のスープカレー事情に精通したせのべやさんのスープカレーのページを発見しましたッ 内容素晴らし過ぎる!!!上記の二店舗の詳しい内容はぜひせのべやさんのサイトで確認ください。
あ~、このムーブメント参加したいなあ (まずトラウマを克服しなくては)
スポンサーサイト

シェ・ワダ御堂筋 ビストロ「バロン」 -2  ローストビーフ

日曜日は郊外に遠出する予定だったけど雷雨で断念。近場をまわることにしてお昼は御堂筋沿い、南御堂のお隣のシェ・ワダ御堂筋ビストロ「バロン」に行きました。
今日の1050円のランチのメインは定番のローストビーフか、チキンのココナツカレーソースを選べました。
050731blg-a01.jpg

最初に出てくるレンズ豆の冷製スープ、写真では上手く撮れていませんが色が美しかったです。パンは天然酵母の丸パンと細バケットがでたのですが、バケットの方がヨモギを巻き込んだパンで風味が面白かった。メインはローストビーフにしたのですがいつもどうり安定した味。先着150名はココナツ風味のブラマンジェ、マンゴーソース添えが付きます。
前も書きましたが、「バロン」はめっきり大衆化路線でカジュアルフレンチのお店とは言えなくなってしまってますが、特に子供連れの場合とかフランス料理ぽいものを食べてみたいけどフレンチレストランは気後れして・・・という人にはすごく使える店だと思います。ベビーカー持ち込みでも行けそうな感じ。
050731blg-a02.jpg

今日行ったら店内数箇所に「かき氷はじめました」の張り紙が。あと、「本格炭火焼料理始めました。夜は仔羊とカレーもやし、キャベツでモンゴル風に」なる張り紙も。
ますますフレンチからは遠ざかっているのであった。

ピアノ・ピアーノ ドルチェの店 京町堀に9月OPEN予定

050730blg-b01.jpg

レストランオカモトの岡本さん夫婦や、ゴダーユの松山シェフからピアノピアーノのドルチェの店が京町堀2丁目の老舗なお肉屋さん弘豚社の近くにOPENするらしいという話を聞いていたのですが、土曜日に弘豚社の道を歩いていたら開店にむけて店舗改装中の予定地を発見!場所はなにわ筋から弘豚社へ行く道路をほんの50mほど入ったところのマンションの一階です。
パティシエの名前を冠して「Laboratorio di Adriano アドリアーノのドルチェ工房」という店名になるようですねえ。
050730blg-b02.jpg

ピアノピアーノのドルチェの店といえば南船場に一軒あって、ケーキ類も良かったしパニーニなど軽食も色々あってランチも手軽で良かったので出来た当時はそこそこ通っていたのですが、客層がどーも合わなくなって全然行かなくなって久しいなあ。
南船場と京町堀だとだいぶ土壌はちがうから、も少し落ち着いた雰囲気になってくれるといいんですが。
なにわ筋の西側一帯はまだ人通りは少ないけれど(その分、なかなか個性的な店が点在してたりする)ピアノ・ピアーノの店が出来ることで人の流れがどう変わっていくのか興味深いです。

Restaurant Okamoto レストラン オカモト -14 茶美豚の肩ロース赤ワイン煮

お昼なんとなくパンもご飯も両方たべたい気分になりました。平日ならばイタリア料理のオピウムのリゾットワンプレートに行くんですが、土曜日の今日はあそこに行けばたぶん希望が適いそう・・・とレストランオカモトに行きました。1000円のランチ、今日のメニューは生ハムのサラダ、メインは茶美豚の肩ロース赤ワイン煮込みorホタテのムニエルミネストローネ添え、デザートはアールグレイのシフォンケーキ、コーヒー紅茶付きです。
050730blg-a01.jpg

サラダは生ハムたっぷりなうえ小玉葱のピクルスも添えられていて豪華~。
メインは私は肉料理の方にしたのですが期待どうりにライスが添えられた一皿で嬉しい。茶美豚ローストもボリュームあって美味しくいただけました。

今日の食後のデザートはシフォンケーキにプラスしてチョコレートアイスクリームと今日は特別に量多かったのですが、岡本さん夫婦がおっしゃるには、レストランオカモト、昨日から2階のクーラーが故障してしまったそうで、2階が使えずにお客さんに不自由かける分今日はデザートでサービスしたいということだったんだそうです。
明日ぐらいには修理の人くるといいねー(この猛暑でクーラー故障してるところ多いらしくてなかなか修理の人が廻ってこないそうな)

KALUTARA (カルタラ)-3  8月の予定表

金曜日はマトンカリーを食べるチャンスと、江戸堀1丁目のスリランカ料理店KALUTARAに行ってきました。今日はマトンカリーと豆カリーの合い盛り730円、大盛りにチャレンジしたのでプラス100円です。初めて食べるマトンカレーは肉食べてるぞーっていう感が強くてインパクトある味。マイルドな豆カレーともども堪能!
050729blg01.jpg

カルタラではカレーの付け合せにマスターお手製のスリランカ版カツオしぐれふりかけ唐辛子味といった感じのKATTA SAMBOL(カッタ・サンボール)の小瓶がでてきます。
私は南インドではこれは食べたこと無かったですが、スリランカでは日常食らしくて輸入品も見せてもらったんだけど、成分表には赤玉葱、モルディブ・フィッシュ、唐辛子、塩、ライムジュースと書かれてあった。ふむふむ。
ちょっと味見させてもらったのですが、輸入瓶のは粒が荒くて軽く魚の醗酵味も感じられるワイルドな味です。カルタラのマスターお手製の方が食べやすいよなぁ、というかカルタラのKATTA SAMBOLが「錦松梅」の入れ物に入っていても私はぜんぜん違和感なく食べてしまうだろなー、間違いない。
050729blg02.jpg

今回初めて大盛りにしたけど、自分はこのくらいの量が丁度良いです。今後はカルタラでは大盛りでGo!!だわ。

8月のスケジュール表を見せてもらったのでご参考までにメニュー予定を書いときます(チキンとビーフは常設メニューです)
キーマカリー 24日(水)
エビカリー 3日(水)、17日(水)、26日(金)
マトンカリー 4日(木)、12(金)、25日(木)、31日(水)
スペシャルランチ 5日(木)、10日(木)、19日(木)

godaille (ゴダーユ) -5 手造りミートソーセージ

満席だったりメニューが苦手食材だったりでなかなか行けなくてとっても久しぶりなゴダーユのランチです。なんと3ヶ月ぶりだよおおぉぉ
本日のランチ800円のメニューは栗芋の冷製スープ、コーンの入ったミートソーセージ茄子とピーマンのマリネ添え。松山シェフの今週のテーマは夏野菜とのことでした。
050728blg-01.jpg

栗芋ってどんなんだろうと聞いてみたところジャガイモの一種だそうで、スープは粘度高めなヴィシソワースでした。メインのソーセージなのですが、腸詰めを低温でゆっくりボイルしたものを焼き上げたのだそうで、燻製はしてないのであっさりめですが食感よく美味しいです。ナッティーな風味だったので胡桃かなんか入ってるんだろうと聞いたのだけれど、色んな種類の肉とトウモロコシしか使ってないのだそうで、味が複雑なのは肉の配合加減かなあという話。夏野菜マリネも酸味爽やかで良い組み合わせでした。
食後のコーヒーは200円プラスです。(お茶請けにイチゴと梅のジャム付き)

看板犬のブランさんも猛暑のため通路にベッタリへばっていますが、人が通るときは律儀に立ち上がって道を開けてくれるのでした。

TEA SALON & BAR Quartier Latin カルチェラタン

前々から行かなくっちゃと思い続けていた喫茶店のランチに満を持して行って参りました。
土佐堀川の常安橋(じょうあんばし)たもとにある川に面したティーサロン、カルチェラタンなんですが、立て看板などでチャップリンの映画の鑑賞会など開いている事など前からチェックしてたんだけどランチのメインがサンドイッチで、なかなかサンド気分にもならず、「チャップリン」いうのもどうだろな~、あまりお店の噂も聞かないし、と謎を深めるばかりだったのです。

12時すぐに入店したのですが、店内はこの辺では珍しく“優雅”な雰囲気。これはかなり良い店かもッ アンティークのスプーンや食器を展示販売しているコーナーがあったりして、いかにも女性向けな喫茶店かと思いきや、男性一人でランチしてる人やサラリーマン二人連れなど続々やってきて男性率も高いようでした。
050727blg01.jpg

ランチメニューは一種類で、本日のスープ+サンドイッチ+コーヒーor紅茶+デザートで1000円。サンドイッチは5種類から選ぶことができます。私はどういう内容かわからないまま、適当にアメリカンクラブハウスサンドというのにしてみました。
本日のスープは冷製コーンポタージュ、量もあるし良い味です。
サンドイッチはオーダー受けてから作り始めるので出てくるのに時間かかるけど味はすごく良かった!ボリュームも満点! ちなみにアメリカンクラブハウスサンドはチキン+チェダーチーズ、ビーフ+ベーコン、レタス、パセリと多重構造な豪華サンドでした。
セットの飲み物は紅茶を頼んだのですが、ポットでサーブされました。茶器がすごく面白い!デザートのパンプキンプリンは濃厚な美味しさ。サンドイッチで1000円のランチってどうだろなーと思って入ったけれど、これは素晴らしいですね。
050727blg02.jpg

このようなヨーロピアンな喫茶店といえば、靱公園付近だと「アンドール」や「オフィシナ・デル・カフェ」が人気ですが、私は昔は嬉しかったあの系列のファンシーな内装に最近すっかり違和感を感じるようになってしもうて(たぶん年のせい・・・涙)でもカルチェラタンのインテリアだったら当分通えそうなのでとっても良い喫茶店発見~と嬉しくなりました。

TEA SALON & BAR Quartier Latin カルチェラタン
大阪市西区土佐堀2-1-2西村ビル1F、肥後橋駅より徒歩5分
TEL&FAX06-6225-0007
平日08:00~23:00 日曜日11:00~23:00
定休日:土曜日

L'HEURE BLEUE (ルール・ブルー) -9 真鯛のロースト野菜ソテー添え

050726blg01.jpg

今日は漠然とフレンチで魚メインに食べたいなあと思っていたらルール・ブルーの日替りコーヒー付きの1000円ランチが定番の真鯛のローストだったうえ、すんなり席も取れたのでラッキー! 12時40分くらいに行ったのですが、平日この位の時間となるとルール・ブルーはカウンター空いてることも多いし、店全体に少し余裕を含んだ空気が流れています。今日は野菜ソテーがアンデスイモ(じゃが芋なんだけどなぜか黄色い)インゲン、海老、マッシュルーム、ベーコン、玉葱という内容で、海老がたくさん入っているのが珍しくっていっそう豪華な一皿でした。

Ristorante Voglio リストランテ ヴォーリオ

今日のお昼は四ツ橋筋越えて肥後橋駅も越えて、北浜4丁目イタリア料理のリストランテ ヴォーリオに行きました。6/22に行ったオステリア イル・フィオーレをちょっと北に行ったところにあるお店。京町堀は最近フランス料理店できまくりでフレンチ激戦区となっておりますが、この一帯はなぜかイタリア料理店が集中してできてるエリアです。
ヴォーリオのランチ、平日は900円、1200円、1800円のコースがありますが、私は前菜+パスタ(トマトソースかオイルベースか選べる)の900円のコースにしました。
パスタはツナとブロッコリーのトマトソースの方を選択
050725blg01.jpg

前菜はキノコと帆立のマリネ、サラダ仕立てでなかなか濃厚な味。パスタはツナにしっかりしたまぐろ使ってます。パスタ、量多い~! 9番か10番とおぼしき細麺で美味しいとはいえ細麺で量多いとどーしても最後までアルデンテとはいかないなあ。全体で量味共に満足できる内容でありました。食後のコーヒーはプラス200円です。
店内、黒ベースのスタイリッシュでオシャレな店なんですが、ここは食器や茶器はデザインが良いばかりでなく軽くていいなあと思った。最近のイタリア料理店やオサレなカフェはデザインのインパクト優先するあまり、そりゃどう見ても使い難いだろーって食器で出るところが多すぎる。

リストランテ ヴォーリオですが、ランチ情報のページを作っていてここで毎日の前菜、パスタの内容を確認できるようになってます

お好み焼き鶴橋風月 ヨドバシ梅田店

末妹一家を迎えての日曜日、夕食はお好み焼き食べに行きました。タコ焼きはいまだ研究中でどこが美味しいかよく判らないのですが、お好み焼きは今まで食べた中では「風月」が一番美味しいと思うんですよねえ。なんといってもオリジナルな卵麺がうまい!メニューの中では私は特にモダン焼きが好き。
050724blg-c01.jpg

風月ですが、鶴橋の本店には福岡の妹が来阪した時に一緒にいったことがありますが、いつもは適当にチェーン店で食べてます。どの店も内装もエクステリアもあんまり変わらないんですが、今日行ったヨドバシ梅田店は出来てからそんなに年月経ってるわけではないだろに、みょーに年季が入ってるいうか油汚れで煤けた感じな店内。
050724blg-c02.jpg

今日は4人で牛スジお好み焼き680円、風月焼きモダン1190円、ポッカそば(大)1020円を頼みました。風月のお好み焼きは店員さんがソースかける所まで全部面倒みてくれます。私は楽でイイと思うけど、最近お好み焼きの焼き方に凝っているという義弟には物足りなかったかも。それまではオネムモードだった4歳の姪っ子が、お好み焼き食べ始めた途端にパチっと元気モードになったのが面白かったです。

鶴橋風月の詳しい情報は風月公式サイトをご覧ください

我楽茶堂(がらくちゃどう)

末妹一家と炎天下の心斎橋を買い物に廻った後、一休みしようと南船場の「我楽茶堂」に行きました。「我楽茶堂」は南船場のオーガニックビルの隣のビルの地下にあるアーシーな雰囲気が落ち着けるカフェで、南船場の飲食店の中では一番好きな店です。
050724blg-b01.jpg

ここはお昼のセットメニューも豊富なので以前は一人でよく食べに行ってました。
今日はみんなでふんわりチョコケーキ400円やら紅茶、ジュースなどなど頼みました。(義弟はいきなりGUINNESSにしてた)
私のイラムティーは可愛いメキシコのミルクガラスのC&Sで出てきた♪
050724blg-b02.jpg

「我楽茶堂」の詳しい情報はグルメウォーカーのお店サイトをご覧ください

串の坊 クリスタ長堀店   彩定食

050724blg-a01.jpg

日曜日は明石の末妹一家が大阪に遊びにきました。義弟のリクエストは串カツだったので「2度づけ禁止」な所にいくべきか?と思いつつも無難に流れて串の坊のランチにしました。串の坊は法善寺に本店のある串カツの人気チェーン店で店舗数も多くて事前に串の坊公式サイトで下調べしましたが、店舗によってランチメニューが違っててランチが無い店もあったりして要注意でありました。
クリスタ長堀店はファミリーで利用しやすい構造と地下街の涼しさとで選んだのですが、ランチは写真のように3種類用意されております。お勧めは1100円以上の定食、ポイントはアスパラガスがあるかないかでこれ非常に重要。昔、串の坊のランチが美味しいと教えてくれた友達のCさん、Yさんも「アスパラがむちゃ美味しい」というので推してくれたのでした。
050724blg-a02.jpg

彩定食1100円は女性には多すぎるくらいな量なので、今日は大人3人前頼んで4歳の姪っ子には大人の分を分けることにしました。串の坊 クリスタ長堀店、平日のランチタイムは列ができる店なんですが日曜の早めの時間帯だったのでテーブル席一番乗りで落ち着いて食事ができたしアスパラガスはやはり感動的な味だったし満足~なお昼ごはんでした。
でも「2度づけ禁止」の店にもいつかみんなでチャレンジしたいものです。

ビストロ上方   ビジネス定食

050723blg01.jpg

土曜日は昨日のボールダーに引続き洋食メニューが食べたくなってしまって、京町堀一丁目なにわ筋道路に面した所にあるビストロ上方に初めて行くことにしました。
ビストロ上方、これまで行ってなかったのには訳があって、今の職場で働きだして経済的に余裕のなかった当初、昼ごはんに京町堀江戸堀のあちこちで売られている肉屋「弘豚社」経営の移動お弁当屋さん(他の弁当屋より割高だけど肉屋さん直営で当然肉類が充実)をよく利用していて、ビストロ上方も同じ会社の経営だからお弁当とそんなに味とか変わらないんじゃないかなあと思っていたからです。
050723blg02.jpg

ビストロ上方、お昼の定食はカレー700円、平日の750円の日替わりなどから始まって1000円の肉類をメインにした定食がすごく種類多い。私は今日はハンバーグ、エビフライ、鳥唐揚げ三種類の盛り合わせビジネス定食1000円にしました。写真だとふつうの洋食盛り合わせにみえますが一個一個けっこう大きめでボリュームあって、お弁当とくらべると値段ば倍くらいするけどその値打ちはあるね!と思った。
店内は外から見るより広くて丸いくりぬきなエントランスがいい感じで正統派な洋食屋という構造、なかなか素敵でした。

ビストロ上方のお店情報はぐるめっとのページをご覧ください

cozy cafe BOULDER (ボールダー) -6 エビカツ定食

どこも混みまくる金曜のお昼ですが、江戸堀2丁目のカフェ・ボールダーの日替わり650円がエビカツだったので入ってみることにしました。12時10分くらいだったけど、ちょうど私で満席! エビカツ定食は、プリプリなエビがはいったカツが2ケついていて、サラダ、フライドポテト付きでバランスいいワンプレート洋食だった。
今日はあんまりのど渇いてなかったのでドリンクはナシで、店を出てから近くの交差点にある VIS coffee TOSABORIの小さな黒いビルにいまだ窓が付いてないことをチェックしたりしながら仕事に戻ったのでした。
050722blg01.jpg

BOULDER(ボールダー)大阪市西区江戸堀2-1-21
日曜祝日第1土曜日定休
営業時間 昼11:30-15:00迄と夜18:00-22:00

味庵 -4  開店一周年

050721blg-b01.jpg

味庵の韓国料理の甘さが恋しくなってお昼に行ってきました。幸いカウンターにすぐ座れました。今日も前回と同じピビン冷麺700円、黒米ご飯とセルフサービスのお惣菜と写真には写ってませんがワカメスープもつくんです。卓上のヤンニンジャン入れてちょっと辛目にして食べました。ピビン冷麺好きだけど、夏が終わるまでに一度は普通のスープ冷麺も食べとかなきゃいかんなあ。
050721blg-b02.jpg

味庵、OPENしてから丁度一周年ということで夜のドリンクメニューとか割引サービスがあったそうな(7/16~21までだったのですが)店内も一周年のきれいな飾りつけがされてて、手作りのほのぼのした雰囲気でした。
ここってお店のスタッフに絵心のある人がいるみたいで、こういう飾りつけもそうですが、店頭のメニューとか看板のモザイクの絵とか、良い味だしてるな~と思います。

dining fuguya ダイニングふぐや 南久宝寺店  夏の鍋料理

水曜日、友達に誘われて本町に7/19日にOpenしたばかりの創作ふぐ料理のお店のオープニング特別コースを食べに行きました。難波神社からそのまま境筋方向にまっすぐ行くと南久宝寺繊維問屋街といって歩道の頭上にアーケードがあり雨の日でも濡れずに境筋まで歩ける道があるのですが、そのアーケード沿いの御堂筋と堺筋のちょうど中間くらいの場所にできたお店です。
050721blg01.jpg

コースのメインはふぐ鍋。鍋は紙鍋だよーん。こーんな暑い季節に鍋ってどうだろうと思いましたが、河豚だとあっさりしていて美味しい美味しい。ポン酢で爽やか、充実な内容の夏の鍋を満喫しました。鍋以外で印象に残ったものとして、ふぐの御造りも良かったし、唐揚げもふぐの皮を使った煮凝りも美味しかった~。
Aさん鍋奉行担当してくれてありがとう!
050721blg02.jpg

今日頂いた内容は普段は4500円相当のコースだそうです。(今日は優待券があったので安かった) 4500円としても量的にかなりお得な内容だと思いました。鍋の河豚がすごく多くて私たちとか食べきれないくらいで、全員すっかり満腹になってしまって雑炊のご飯は3人で1人前しか頼めなかったです。
↓締めのふぐ雑炊と柚子シャーベット
050721blg03.jpg

ダイニングふぐやですが、お店の方によるとランチは8月1日から始めるそうです。河豚を使った丼物や、小鍋料理が登場する予定とのこと。晩のメニューも8月1日から創作ふぐ料理を単品でもどっと充実させるのだとか。

dining fuguya ダイニングふぐや 南久宝寺店
541-0058 大阪市中央区南久宝寺町2-5-9
TEL.06-6243-0298
定休日 日・祝

Satour サトゥール -2 鶏モモ肉のオーブン焼き

今日はサトゥールの平日1260円コースにチャレンジしようと土佐堀通りをどんどん西に歩いて12時くらいにお店に着いたのですが、今日は予約で団体客が入った関係でデザート付きの1570円のコースからしか出来ないとのことでした。ガーン!予算的にキビシー(涙)と思いつつ、時間がお昼時間内に収まることを確認した上で1570円のコースにしてみました。
050720blg-a01.jpg

前菜、メイン、デザートとも数種類から選択できます。私は今日は前菜は牛肉のにこごりテリーヌ、メインは鶏モモ肉のオーブン焼き、デザートは巨峰のタルト、ホットコーヒーという組み合わせにしました。
前菜の牛肉のにこごりテリーヌですが、あまりゼラチン感はなくてどちらかというとリエットやコンビーフに近い食感の牛肉の寄せものにトマトのシャーベットが乗っています。付け合せの生野菜もこだわりを感じる内容。牛肉の量が多いな~、メインでこれが出てきたとしてもおかしくないような。メインの鶏モモ肉のオーブン焼きもやはりかなりなボリューム。ダブルでボリューム肉料理ときてはあまりに肉々していてちょっと選択的にミスった気が。前菜はスープ(今日はヴィシソワースだった)にしといた方が無難でした。

お店は12時半くらいまでは空いてて静かでしたが、予約のお客さんが団体さんでどっとやってきてガラリと賑やかな雰囲気に。
前回週末に来た時も思ったけれど、ここはテーブルセッティングや接客がきっちり堅めな印象なのだけれど、お客さんはアロハとかジャージとかかなりラフな服装の人達も来ていて、そういうカジュアルな人らが浮くわけでもなく楽しくお食事できる店なのでした。靱公園付近のフランス料理店とはまた違った盛り上がりを見せる店だなあと思いました。
そのうち魚料理も食べに行きたいな。

L'HEURE BLEUE (ルール・ブルー) -8 ハンバーグ定番化

連休明け火曜日のお昼ですが会社を出た時間が中途半端だったため、まずヴァントーズが満員で入れず、次に行ったゴダーユはランチお休み(私最近ゴダーユランチ運がないなぁ)もうダメかと思いきや、ルール・ブルーのカウンターが一つ空いていて大喜び。
ランチ(1000円)の今日のメニューですが、ハンバーグと米茄子のロースト、ポテト、マッシュルーム、茸のソテー添え。
050719blg01.jpg

ハンバーグと言えば、K1郎さんのブログうまから手帖のコメント欄で7/13日にルールブルーでランチされたDragonMoonさんもハンバーグだったとおっしゃってたんだけど、今日もハンバーグとは頻度増えてない? 早速、お店のお姉さんに聞いてみたところ 「はい、ハンバーグの回数増やしたんですよ。人気があるもので」とのお答え。私の見ている範囲では、ルール・ブルーのランチの素材って 鶏肉、茶美豚肉、白身の魚、サーモンが多いのですが、こりゃハンバーグもローテーション入りってことですね。

オープンキッチンなので、シェフがペチペチと掌で焼く前のハンバーグ種の空気抜いてるところが見れたりするんだけど、一個一個の挽肉がすごい量。私の写真では実物のボリューム感は伝わらないなあ。ポテトや茸のソテーの下には米茄子の半分切りがドーンと埋もれてます。味付けはグレイビーみたいなブラウンのソース、美味しー!
私はこれでルール・ブルーのハンバーグ食べるの3回目ですが、これまでのところ毎回全然違う料理に仕上がっててすごいなあと思います。

LA GALLOISE (ラ・ギャロワーズ) -2 泉南パプリカとタコのトマトソーススパゲティ

祭日の月曜は外でランチすることにしたんですが、フレンチやイタリアンの店って日祝休or月曜定休の所が多いんですよね。そこで休日に開いてる率の高い新町のラ・ギャロワーズに行くことにしました。情報誌ではギャロワーズは不定休となっていましたが、今日お店の人に聞いたところ7月は19日休む以外は無休、8月はお盆の後に2日ほど休む以外は無休の予定とおっしゃってました(がんばるなぁ)
050718blg02.jpg

私は早めに行ったのでカウンター席一番乗りでしたが予約してる人多いようで、今日も12時前に満席、来店しても入れないお客さんいました。
前回同様1000円の前菜とパスタとコーヒーor紅茶のコースにしました。パスタは泉南パプリカとタコのトマトソースかフレッシュバジルのジェノベーゼの二種類から選べます。
050718blg01.jpg

前菜の盛り合わせ、スープは冷たいかぼちゃのスープ、軽くカレーぽいスパイスの香り。他は前回と同じもの。キッシュ美味しいなあ。パンは今日はバケットとフォカッチャでした(味は普通) パスタはタコのトマトソースの方にしたのですが、タコは歯ごたえある良い味のタコだった。でも今回隣の人のジェノベーゼの方がどうにも美味しそうで気になってしょうがなかったわ。ジェノベーゼといってもアスパラガスや色々野菜が入っていて、おまけにけっこう席が離れてるのにこちらまでバジルの良い香りがしてきて・・・ 
今月中にランチに来たらジェノベーゼ食べれるかなあ?と帰り際お店の人に聞いたらば、ランチのパスタは数日でメニュー変更になるから次もジェノベーゼとは限らないらしい。あとフレッシュバジルは旬が短くて使えるのは来月頭までともおっしゃってた。うーむ、難しいっすね。
今日はサーブが若干遅いかなあと思うときがあった。新人さんぽい女性が入っていたし慣れれば改善されるだろうと期待。

ブランジュリー PAINDUCE(パンデュース) -3 おっぱいパン

050717blg-b01.jpg

日曜は昨日淡路町4丁目のブランジュリー PAINDUCEで買ったパンを朝食にしました。
おっぱいパン100円、すごいネーミングだよなあと思いつつ購入。どのあたりが「おっぱい」なのかというと形が円錐形というだけでいまひとつ説得力に欠けるのだった(でもリアルすぎても困るしなあ) ふわふわな生地にチーズが混ぜ込んであって軽食に良いです。表面にチャービルの葉が模様みたいに貼ってあって香りは飛んでるけど美しい!
茶色い四角いのはプチガトゥー130円。私はこのてのケーキ生地圧縮系の菓子好きで(ラムボールとか)よく買うけど、パンデュースのこれはまぁまぁ標準的な味でした。
050717blg-b02.jpg

丸善心斎橋店閉店!!

土曜日出かけた時に、鷹揚な雰囲気が好きでいつも利用している丸善心斎橋店が7月いっぱいで閉店と知り大ショックです。
丸善心斎橋といえば心斎橋アーケードに古くからあるランドマーク的な路面店。
閉店言っても9/7に再OPENするそごう心斎橋本店に移店するとのことなんですが、私は百貨店をまったく利用しない人種なものですっかり縁が無くなるなあ。
050717blg01.jpg

大型書店の台頭で百貨店の書籍コーナーはどこも縮小してるのに、なんでまたそごう?心斎橋のあの辺の百貨店エリアってだいぶ前だけど心斎橋OPAの紀伊国屋も営業不振で撤退してたというのに・・・
去年、東京に用事で出かけたとき丸の内オアゾ(OAZO)ビルの丸善に行ったけどああいうイメージで行くのかなぁ?(あんなに面積とるわけないかー)もし上の方の階でワンフロアとかならそうとう厳しい気がするんですが。

わすれな草 チキンカレー

050716blg01.jpg

土曜日のお昼はカレー気分だったんですが、これまで行ったことのなかった地下鉄肥後橋駅付近の「わすれな草」に行ってみることにしました。ここはランチメニューがカレーライスで夜は飲み屋さん。カレーが有名とは知っていたんだけれど、立ち食いスタンドということは知らなかったので、店に入ってから「椅子がない!?」とたじろいでしまった。(肥後橋駅のすぐ近くだとスタンディングの店はそんな珍しくはないです) 店内は外観と統一感があるウッディーな内装、シックでとってもいい感じでした。
名物のトマトとヨーグルトを使い、水は一滴も加えていないというチキンカレー並盛580円を頼みました。
050716blg02.jpg

酸味のあるトマト味のカレーはスパイス加減が絶妙で美味しい。特に微かなカルダモンがいい感じでした。こういうトマトベースのインドカレーを固定メニューで出す店ってありそであまり無いですね。江戸堀2丁目のカフェ ボールダーのカレーライスがかなりトマトっけが強いけど、あちらはハッシュドビーフ的な方向の味です。

「わすれな草」のすぐ横の肥後橋駅地下鉄出口なんですが、今日は国立国際美術館ゴッホ展の立看板を持った人が誘導に立っていたんでビビッた。駅から続々上がってくるお客さん達といい人の流れはまるでコンサート会場周辺のようだった。

「わすれな草」の詳細情報はサントリーグルメガイドのページをご覧ください

Restaurant Okamoto レストラン オカモト -13 鶏もも肉の赤ワイン煮

050715blg01.jpg

金曜はレストランオカモトに行きました。肉料理か魚料理を選べる1000円のランチですが、今日はサーモンのマリネのサラダとメインは写真の黒板のもの、デザートは紅茶のシフォンケーキ、コーヒー紅茶付きです。
050715blg02.jpg

ここのサラダは毎回メリハリのついた野菜のセレクトで飽きないし美味しいよな。今日はルッコラと春菊が香り高かった。粒胡椒が入ってる所も好きです。メインは鶏もも肉の赤ワイン煮の方にしましたが、レンズ豆が沢山入った煮汁がご飯にとてもよく合って美味しかったです。
さて、デザートのシフォンケーキなのですが、バニラ系のとても良い香りでよくある紅茶ケーキとは一味違う内容が気になり岡本シェフに伺ったところ、キャラメルティーを使ったとのお話でなるほど!と思いました。アールグレイを使ったケーキはよくあるけどこれは新鮮で良かった。
レストランオカモト、今日は12:30くらいには満席になってました。ここも大分混むようになってきたからお昼は早めに行くようにしないとなあ。

レストランオカモト詳細情報はお店のホームページをご覧ください。

御霊神社  -5  宵宮祭

御霊神社の夏祭りですが14日と15日の二日間は境内に出店が沢山出て大変な盛り上がりです。昼間はオフィス街の印象が強くて子供の姿をほとんど見かけない付近ですが、今日ばかりは一体どこから沸いてきたんだ?というくらい大勢の子供達で活気づきます。
050714blg-b01.jpg


迫力の小学生太鼓隊!
050714blg-b02.jpg

プティレストラン 「Giro」

今日はブランジュリー・パンデュースに行くようになって近くに発見した小さなフランス料理店に行きました。場所はパンデュースの向かいの道を北御堂方向に20Mくらい行った古い雑居ビルで写真の小さな青い看板だけが目印。
お店は古い雑居ビルの1Fのずーっと奥の突き当たりにあります。うはは~、むかしアメリカ村の日宝三ツ寺ビルのカレー屋「カシミール」に通った時以来のワクワク感(カシミール、今は北浜に移転してますけど) 激しくジミな所にある店って中が別世界で吃驚というケースもありますが「Giro」は外観とそれほど違わない印象で昔の純喫茶かスナック的でした。
050714blg-c01.jpg

ランチメニュー、基本は950円のセット(パン、ドリンク付き)前菜としてキッシュ、スープ、テリーヌ(+100円)からひとつ。メインは白身魚のポワレ、鶏モモ肉のコンフィ、トマトの挽肉詰めロティ、ステーキ(+150円)、ラムチャップグリエ(+250円)から選べます。デザートはプラス300円。
私は前菜はテリーヌ、メインはトマトの挽肉詰めで1050円の構成にしました。
050714blg-c02.jpg

ここは江戸堀のゴダーユみたいにシェフの人が一人で仕切っている店でした。全体にいい味でトマトの挽肉詰めは相当美味しかった。自家製パンがまた美味しい。隣の人らが頼んでいた鶏モモ肉のコンフィも良さそうだったので、再訪必須。
この店はものすごーーーく客を選ぶと思う。血中オヤヂ度の高い人なら大丈夫ではなかろうか。私みたいに

プティレストラン 「Giro」
大阪市中央区瓦町4-5-3 日宝西本町ビル1F
TEL 06-6231-8808 土日祝が休み 

御霊神社  -4  夏祭り

お昼に御霊神社付近のフランス料理店に行く途中で夏祭りの出発風景に遭遇。
女神輿!!イェー!!
050714blg-a01.jpg

こちらは少年太鼓山車。なんか不思議な形の帽子だぞ
050714blg-a02.jpg


夕方4時くらいにはみんなゆるゆるとうつぼ公園付近を巡回してました。

タパス&バー LUGLIO TIPO (ルーリオ・ティーポ) トマトライス

今日のお昼は靱公園北側の弘豚舎やレストランオカモトのある道をもう少し阿波座方向に行った所にあるLUGLIO TIPO(ルーリオ・ティーポ)というお店に行ってみました。ここはランチは月・水・金の11:30~14:00 パスタランチ900円とトマトライスランチ1000円の二種類やっていてコーヒーは+100円です。私は今日はトマトライスの方にしてみました。
050713blg01.jpg

まず、グリーンサラダとタパスの小皿が出てきました。パンはタケウチのバケット。私はここに来るまで「タパス」って言葉知らんかったなあ。スペイン料理のおつまみを指す言葉だそうで、「ピンチョス」の方は最近流行ってるから知っていたけど、こちらは楊枝に刺したりして抓みやすい形式のタパスらしい。このお店はタパスのお店ではあるけれど、メニューはパスタやピッツァがあってイタリア料理色が強いです。
今日出たタパスはキノコのロースト、オリーブオイル漬け、モッツァレラのプチトマト挟み、ピクルス、牛肉のタタキ、ポークのローストマリネと量はちょっとずつだけど色々楽しめました! メインのトマトライスは、私はなぜかチキンライス的なものだと思ってたらとんだ勘違いでサフランライスに相当な量の魚介類、海老、ムール貝、イカ、貝柱がトマトソースと共にトッピングされたというオリジナルな料理でした。けっこう量多くてすごかったです。

LUGLIO TIPO(ルーリオ・ティーポ)の詳しい情報はぐるなびのHPをご覧ください。

L'HEURE BLEUE (ルール・ブルー) -7 真鯛のロースト野菜ソテー添え

今日のお昼はルール・ブルーに行きました。1000円のランチのメニューは真鯛のロースト、インゲン、ほうれん草、玉葱、じゃがいも、マッシュルームのソテー添え。これはルール・ブルーのランチではよく見る定番の内容です。12:15で3人ほどの列でこれはすぐ座れるんじゃないかなあと思ってたら結構待ち時間がかかりました。K1郎さんのうまから手帖によると12時前の段階でかなり並んでたそうで人気店なんでしょうがないですねえ。事前に準備していただいてるのか料理が出るのは早めでした。
050712blg-b01.jpg

定番な内容とはいえ味は色々変化があって、前来た時の真鯛のローストは生クリーム味だったけど今日は野菜ソテーはブイヨンで軽く仕上げられていた。
ルール・ブルーは春くらいから見習いみたいなとても若い人が働いているのですがサーブもだいぶ板に付いて来た感じで一生懸命がんばってるんだなーと思った。(ここってシェフと小僧たちの店って印象。皆とても誠実そうなのです)

森あそび自由空間 「さサ華林」  南国リゾートin京町堀

都会で街歩きしていると、用途のよく判らない建物を見つけて一体なんなんだろうなぁ?アレ、と頭に引っかかったまま長期観察してしまうことがありますが、四ツ橋沿いの肥後橋郵便局の横道を20mほど入った所にある、京町堀一丁目のこの建物も私にとってそういう建物でした。なにか売ってる店には見えないし、飲食店ぽく見えるんだけどメニューが出てるの見たことないし、入り口の看板の「森山小屋」というのもどうも意味わからんし。
050712blg01.jpg

最近、昼休み通りかかったら「無料見学会」という看板が出ていたので思い切って入ってみることにしました。ドキドキ・・・
家の中は写真の通り、京町堀とは思えない南国リゾート空間だったんで驚きです。外から見てたのと全然違う~!一歩、家屋内に入った時から南アジアのコテージにトリップしてしまったかのようでした
050712blg03.jpg

家屋の中に女性が一人おられてお庭まで案内してもらった上、ここの趣旨など親切に説明していただけたのですが。ここは森あそび自由空間 「さサ華林」という多目的なレンタルスペースだったのですねえ。庭25坪、家屋25坪、お庭を使ったバーベキューなども可能。色々なシチュエーションに対応するため家屋には100インチプロジェクターやカラオケや卓球台も用意されていました。食事の持込可能で、様々なコースが用意されていてパーティーや各種二次会などにホテルを借りるより味がある楽しみ方ができそうな場所なのです。オフ会なんかの会場にもよさげですねぇ。
050712blg02.jpg

森あそび自由空間 「さサ華林」 詳しい内容や料金などは公式HPをご覧ください。利用を検討される方には見学も受け付けておられるそうです。

ビストロ羽山料理店 -3 鶏もも肉のバジルクリームソース

今日は久しぶりに靱公園南側のビストロ羽山料理店のランチに行きました。ここは、グリーンサラダ+メイン+ドリンクのセットが1000円で、これにお好みでテリーヌやパテやデザートを追加できるようになっています。本日のメインは瀬戸ひめどりモモ肉のバジルクリームソースです。
050711blg01.jpg

私は1000円のセットだけにしたんですが、メインは茄子やエリンギ、ポテトをダイスに切ったものをソテーしたものに柔らかな鶏もも肉のソテーが乗っていて、お肉がかなりな量でしたね。味は生クリームを使った調味なのですが、くどくなくってアッサリした風味で各素材の味が生かされていて美味しかった!
ビストロ羽山料理店の位置など詳細情報はこちらのサイトをご覧ください。

 | HOME |  »

FC2Ad

 

うつほ日記内検索

カレンダー(月別)

06 ≪│2005/07│≫ 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT TRACKBACKS

PROFILE

☆うつほ☆

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

FC2カウンター

無料ホームページ ブログ(blog)

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。