うつほ日記

大阪市西区のうつぼ公園周辺の散策記録がメインです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Aのテーブル Natural Dining  Aussie素材でライトフレンチのお店

京町堀の新店「Aのテーブル」に行ってまいりました。京町堀一丁目のリストランテ ラ・ムレーナの前、もっと広く言うとインド料理「ナビン」とイタリア料理「サンタルチア」の間の道をまっすぐなにわ筋方向にいって、なにわ筋の少し手前に出来たお店で大きな白と緑の傘が目印です。
050609blg02.jpg

お店の外観はちょっと地味かなあと思うのですが、中に入ると採光よい設計で明るくさわやかな雰囲気。ランチは1200円一種類で、季節野菜のポタージュ、サラダ、メイン料理、コーヒーor紅茶orハーブティーという内容で、メインは魚料理、肉料理、3種類の中から選択できます。
今日のメインはタスマニアサーモンのサルサソース、イサキのポアレ、ハンバーグステーキというものでした。私はハンバーグにしました。
050609blg01.jpg

スープはマッシュルームの冷製ポタージュ、クリーミーで美味しいです。パンとバターが出てきたんですが、こ・れ・が・・・美味い!むっちりした食感の無漂白粉のパンなんですが、焼きたてそのものの味でとにかくおいしいです!!ご存知のように靱公園まわりのフランス料理店は有名ブランジュリのパンを出す店が多いのですが、それらと比較してもここのパンは美味し過ぎる。さっそくお店の方に伺ったところ、フランスで冷凍されたパンを輸入したものを毎回焼いてサーブしているとのこと。意外だった、その手でこの味が出せるなんて。 (パンの味に夢中でサラダの味おぼえてません)メインのハンバーグ、野味あふれるキノコのソテーが乗っていて食べ応えありました。ドリンクはハーブティーも気になるけど今回はホットコーヒーで。 感動のあまりパンをおかわりして3個も食べてしまって食べすぎで苦しかったよ・・・

ランチが1200円のセットでオーガニックを意識したフランス料理ということで、私は土佐堀川沿いのシェ・ソルビバを思い出したんですが「Aのテーブル」のランチはSOLVIVAとはまったく異なる印象の内容でした。何度か行かないことにはまだ具体的な違いは語れないのですが、「Aのテーブル」はオーストラリアの直送食材を使用するという特色を打ち出しております。
Aのテーブル、公式サイトがありますので詳しい情報はそちらをごらんください。
スポンサーサイト

トラックバック

http://utsuhonikki.blog4.fc2.com/tb.php/177-e2f68572
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オージー素材でフレンチ系フュージョン料理「Aのテーブル」

今日のランチは、炎天下ちょっと歩いて、江戸堀東公園よりさらに西にワリと最近できた、オージー素材が売りのレストラン「Aのテーブル」に行った。 ランチメニューは3種類、タスマニアサーモン,ハンバーグ,豚ロースのソテーで、いずれも1200円(冷製ポタージュ,サラダ

 | HOME | 

FC2Ad

 

うつほ日記内検索

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT TRACKBACKS

PROFILE

☆うつほ☆

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

FC2カウンター

無料ホームページ ブログ(blog)

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。